親子柔術クラス

 

グレイシーバッハ三田の親子柔術クラスは親子で一緒に参加する柔術クラスです。
親子で楽しくセルフディフェンス(護身術)、柔術を学べます。
親子間のコミュニケーションツールとしても非常に優れています。

対象:お子様(5歳以上)と親御様
時間:約40分
運動強度★☆☆☆☆

 
 

 親子柔術=親子のコミュニケーション

ブラジリアン柔術は、お子様と一緒にコミュニケーションをとりながら身体を動かして楽しめる、数少ない習い事の一つです。お子様の習い事を待っている時間を、お子様と一緒にスポーツを楽しむ時間にしてみませんか。
親子柔術クラスで過ごした時間だけではなく、終わった後に「今日はこんなことをしたね、こんなことができるようになったね」など、楽しい時間を共有していただけます。また、過ごした時間自体が、お子様にとっても最高の経験、思い出になります。
お子様だけの習い事には嫌がって行きたがらない、恥ずかしがり屋で輪に入ろうとしない、親御様がいないと不安で嫌がる、といったお子様にも、親子で触れ合い、同じように身体を動かす親子柔術クラスはおすすめです。他の親御様やお子さまとの触れ合いも、自立を促す良い経験値として蓄積されます。
性別・年齢・体格・スポーツ経験の有無に関係なく楽しむことができますので、パパでもママでも大歓迎です。

 
 

 習い事をお考えの親御様へ

お子様を習い事やお教室に通わせようとしたとき、どのような事を重要視するかは、各御家庭で様々かと思います。
しっかりと礼儀作法を身につけてほしい、今いるコミュニティー以外のお子様・大人ともコミュニケーションを取れるようになってほしい、何かスポーツ教室に通わせたいなどの理由をよくお聞きします。
教育的観点から5歳頃からはプレゴールデンエイジとも呼ばれる、知能・運動機能の発達が最も著しい時期であり、この頃のお子様の運動経験は、その後の人生において非常に重要なベースとなるといわれています。
知的な発達と運動機能の発達の両方を伸ばしながら親子で楽しい時間を共有できるほか、お子様が成長されても共通の趣味として親子でながく楽しむことができます。

 
 
 
 

小学校受験対策としても

親子柔術クラスは、親御様と一緒に“からだを動かすことは楽しい!”とお子様に思っていただけるようなクラスです。
厳しい体育会系を想定されているかもしれませんが、そんなことはなく、クラスはケガの無いよう安全第一で運営しているのはもちろんのこと、運動能力を培いながら論理的思考・集中力・考える力を養うことができます。
小学校受験運動科目のためのクラスではありませんが、幼児期のお子様は楽しいと思ったことをどんどん吸収してくれるので、ブラジリアン柔術で自然に、楽しく身に付く事(ご挨拶や他者への礼節・尊敬、論理的思考)のほとんどが、受験のお役に立つことと思います。
小学校受験のために始められたとしても、続けていくうちに、意外にも始められた時以上の価値や充実感を感じていただけることと思います。

 
テキストのコピーはできません。